ユニバーシアード男子サッカー日本代表候補の海外遠征に帯同 国際医療福祉大学・宮森先生

「インディバ®・アクティブ」ユーザーである国際医療福祉大学・宮森隆行先生が、2月26日~3月13日までユニバーシアード男子サッカー日本代表強化に向けての、ドイツ・韓国への海外遠征に帯同しました。

期間中は選手の傷害予防、応急処置を含めた身体ケアのみならず、フィジカルコーチとして選手のコンディショニング管理を担当しました。

IMG_3017

画像:施術中の宮森隆行先生

長期遠征での試合やトレーニングで、疲労の蓄積に加え筋挫傷や捻挫なども発生。これらの治療には「インディバ®・アクティブ」を活用し、宮森先生によれば「急性期・亜急性期および回復期に役立てることができ、選手からも治療効果について高い満足が得られました」とのこと。

ユニバーシアードは8月に台湾で開催され、2週間弱で6試合を行うハードスケジュールとなりますが、「最大限の力を発揮できるように、選手のコンディションを調整していきます」と宮森先生は話しています。