大阪で7月の「インディバ・アクティブ」セミナーを開催しました。

昨日は大阪営業所で7月の「インディバ®・アクティブ」セミナーでした。

テーマは「ロコモティブシンドローム」と、インストラクターからの提案として、「胸郭の可動域改善」。

全身をしっかりと温めることをテーマに行いましたが、参加者からは「温熱療法はロコモに有効」という声が多く上がっていました。

筋肉内のHSP(ヒートショックプロテイン)増加による筋萎縮の予防や、関節拘縮の発生予防目的としても温熱療法の効果が期待できます。

また、今回のセミナーでは施術練習時間を長めにとり、施術方法の確認や意見交換も充実させることができました。

なお29日には同じ内容で、福岡でセミナーを行います。