大阪営業所で12月の「インディバ®・アクティブ」セミナー 外部講師にReco.渡邊先生を招いて開催

昨日、インディバ・ジャパン大阪営業所で12月の「インディバ®・アクティブ」セミナーを開催しました。今回は「痛みに対する筋への動的ストレッチの工夫」をテーマに、ユーザーであるReco.渡邊真一院長を外部講師として招き、講義と実技を行ってもらいました。

161205_02

実技を確認する渡邊先生≪中央≫

PIR(Post isometric relaxation)という徒手的理学療法のテクニックを用いた施術は、筋の可動域改善へのソフトなテクニックながら、強い痛みにも対応できるもので、アメリカンフットボールのトレーナー時代に経験したバーナー症候群の話などを交えながらの時間となりました。

ストレッチも理論に基づいた少しの工夫でより大きな効果を上げることを、参加者にも感じとっていただけたようです。

 
なおインディバ®・アクティブ インストラクターからは、戻し電極設置のポイントと、足関節捻挫のリハビリについて説明とデモを行いました。

161205_01

12月の「インディバ®・アクティブ」セミナーはこの後、11日に福岡、17日に東京で開催します。